崩壊した 美しかった 稲の田んぼ

    
9月20日 日曜 

煮痴熔倒論(にちようとうろん) に

酷暴理不尽怪(こくぼうりふじんかい) の あの人が 出ていた


「めがねの奥の 冷たい 死んだような目」 
「アンドロイドのような 気持ちが 伝わってこない声」


この人の 瞳からは 声からは この人の 心の景色が 見えない

この人は だれに なにに 心を売り渡してしまったのだろう



「朋」 この字に 「くさかんむり」 が 乗ると 「萌」 になる

草花が 芽生え 美しさが 野山に 萌える

明るく 美しい 稲の 田んぼ



「朋」 この字に 「やまへん」 が 乗ると 「崩」 になる

この人の 美しい 稲の田んぼ は

吹き荒れる 酷暴の嵐 の 中に 崩壊してしまった のか



この人の 親は きっと

この人に 未来の可能性を 夢見て 名前に 「朋」 と 名付けたのだろう

月が ふたつある 「朋」


しかし この人は 「くさかんむり」 を 頭に乗せ 

左側の 月を 「日」 に 変えて

「明るい」 に 変えることが できなかった


友(とも)を 呼び 共(とも)に栄える ことができず

朋(とも)を 「明」るいに 換えることができず


「朋」 は そのままに 頭に 「山」 を 乗せてしまった


この人の 美しい 田んぼ は 「崩」壊 してしまった 




成長(整腸)のためにも 

町内(腸内) 環境を 整えて 快調(会長)に 過ごしたいものだ





9月19日

「アンクルソルト」 が 空に旅立った

私の支持政党では なかったが

この人は なぜか素樹だった


この人は 嘆いていた

今の 政治家は 


  「政治家ではなく 「政治屋」 に なってしまった」 


と 「アンクルソルト」 は 嘆いていた


私も そう思う

政治では なく 「政治」 がなくなり 

表の顔と 違う 文字を背負った 「背異字(せいじ)」 


「背異字屋」 馬鹿(ばか)りに なってしまった


かの国の 傀儡政権には 政治家はいない 

傀儡政権には 政治家は 住めないの だろう 



また あの政党の 良心が ひとり 失われた





この文章を 打ち込んでいたら

懐かしい声が 聞こえた

この声は あの人だ

私が あの放送局で 一番素気な 「ウッチー」 だ



顔を上げて

テレビの画面を見たら そこには

あの 「超 八の字まゆ毛の ウッチー」 の 柔和な 笑顔があった

この人に 会えたのは 何年ぶりだろう 。。。。。


そこには 稲が 風にそよぐ 美しい 田んぼの景色が あった



この番組では あの地方の 

緑が萌え 緑に輝く 稲の田んぼの景色を 放映していた


私は こういう 田園風景が 見たいのだ

そこには 里山の 原風景の ひとつ が あるからだ






追記


よい子の皆さんは 

間違っても 『酷暴理不尽怪(こくぼうりふじんかい)』 に 入会してはいけませんよ !!

数ある 悪駆屠信仰(オカルト) の 中でも 

最も 危険で 凶暴な 攻撃的で 破壊的な 信仰です よ !!

自栄(じえい)の ためなら * を * す ことをも いとわない 晋仰(しんこう)です よ !!




昔は 「知らない人にも 親切にしなさい」 と 教えることができた

今は もう違うよ 

悲しいな 人を信じられない世の中なんて



よい子の皆さんは

「チョコレートに つられて 知らない人に ついて行ってはいけませんよ」

「知らない人を見たら 泥棒と 思いなさい」

「間違っても 晋望(しんぼう) など しては いけませんよ」

「くれぐれも 知らない人に 心と命を 奪われないようにね」






ああ 言い忘れましたが

この文章に 登場する人物 および 出来事は すべてフィクションです。

実在する人物 実在する出来事とは 一切関係がありませんので

あしからず  おふぉ ふぉ ほ ほ ふぉ 。。。。


この文章を読まれて 不愉快な 思いをされた方が みえましても

病葉(わくらば)は すべて 川に流してください


見ずを 見つめて 塵にまみれても 嘆かず 明日は 明るくね








BGMは 私の心をいやしてくれる あの人が やさしく歌う この歌


写真は 。。。。

水没した 田んぼの 写真は 悲しすぎるので 掲載は 病(止)めますね 。。。。













       









      



      
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア