あの人を偲んで その21 『空の鳥』

     
『空の鳥』

逢いたさ見たさに 恐さを忘れ
羽根もないのに 空を飛ぶ

空見たことか 地に落ちた
あなたの呼ぶ声 はるかの彼方

あなたの歌声 忘れはせぬが
飛ぶに飛べない 羽無鳥

羽無鳥でも 知恵ある鳥は
人目忍んで 木に登る

人目忍べば 世間の人が
怪しい奴だと 指ささん

指をささりょと 恐れはせぬが
飛ぶに飛べない 羽無鳥



P8190251_2.jpg


この木は 「サルスベリの木」

猿でも滑る この木に登れるはずはなし

地に落ち 朝日もあたらぬ空を 見上げる 私は 「アホウドリ」

あの人は そんなドジな 私を見て 空の上で 笑い転げていることだろう



それでも この歌が 聴けて しあわせだ

この歌を 歌ってくれた あの人と 投稿してくれた人に 感謝 ありがとうございました



















      






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア