あのふたりが 教えてくれた なっちゃん

 
おっ この声は なっちゃんだ 。。


♪ なっちゃんは ね 
♪ な*こ というんだ ほんとうはね


この前 なっちゃん を 見かけた


なっちゃんは 「じゅしんりょう」 の 寮母さん を やっているようだ

どういう字を書くんだろう 「授心寮」 かな


変な住人が たくさん 住んでいるようだ

なんと 男の卑弥呼まで 住んでいるようだ

こんなやつ どうやって 指導するんだろうね

なっちゃん 住人の食事も作るんだろうか

今日の料理は らりるれろみさんにお手伝いを お願いしているのだろうか


でも 大変だね なっちゃん

でも 笑っちゃったよ

でも 寮母さんが なっちゃんでなかったら

でも 絶対に あの どこだれ仮面が 出没して

でも ぼろんくそんに けなしただろうね

でも でも でも でも でも 。。


どーうもー どこだれ仮面も なっちゃんが すきなようだね 

人は 見かけによらないものだ



それでも どこだれ仮面が ぼそっと 怒っていた


   なっちゃんに 寮母なんかさせるなよ

   なっちゃんが かわいそうだろう



ってね





もうすぐ 8月20日が やてくる 。。。 ね 。。。






あのふたりが 教えてくれた なっちゃん は

この 私が 一番 素綺奈 声のなっちゃん では なく


♪ なっちゃんは ね 
♪ な*き というんだ ほんとうはね


この なっちゃんは

初めて 知った人だ

この人のことを知って すぐに頭に 浮かんだのは あの人のことだ


♪ ぽっぽっぽ はとぽっぽ


多くの香織を残し

アレ ぽっぽっぽの 空に 舞上がっていってしまった

山のふ本 の 美しい 香おり さん
  

この なっちゃんは やはり

美しい 香おり さん のことを 知っていた

さらに 調べたら

この なっちゃん の ブログに

美しい 香おり さん の ことを書いた文章を見つけた


この人は こんなふうに 美しい 香おり さん の ことを書いていた
 

   そしてもう一つ。昨年山*美*さんが亡くなってから、たくさんのことを考えた。
   大切な人と、今まで話し合ったことのないことも話し合った。

   「なんでわざわざ危ない場所に行くの?」

   真顔で聞かれることはしばしばだった。
   私にどこまで物を言える資格があるかどうか分からない。

   ただ伝える仕事の意義は、
   「救えたはずの命が救えない」、この状況を止めるためにあると思っている。

   前にも書いたように、社会が抱えている問題は、
   たくさんの人に認識されなければ"問題"として扱われず、
   "問題"として扱われなければ、なんとかしようという動きも起こらない。

   「写真」それ自体にどこまで力があるのかは、分からない。
   でも写って下さった方と、写真を通してつながって下さった方の力は、信じられる。

   自分の仕事に意味があるなんて、おこがましい。
   でも何かの可能性が1%でもある限り、続けたい。

   山*美*さんありがとうございます。絶対に忘れません。



さらに

同じ文章で この人は こんなことも書いていた


   遅ればせながら・・・
   皆様、昨年は大変お世話になりました。
   本年もどうぞよろしくお願い致します。

   年末は時間がなかったので、今更ですが2012年の総括。

   陸前高田で海の恵みに触れ、太鼓を教わり、家族の愛を知った。
   カンボジアで、命の尊さと、悲しみを乗り越える術を知った。
   ウガンダで、受け入れる心と、生き抜く力を知った。
   七夕祭りで、伝統の重さと、そこに居させてもらう自分を問い続けた。
   スタディーツアーを通して、また60人の宝物のような存在を得た。
   THE FUTURE TIMESを通して、音楽が心を動かす、その強さを知った。
   桜ライン311の活動を通して、「今」より先の命を想うことを知った。

   自分とは全く違う職業の人と出会えることが、一番の喜びだった。
   ずっと夢だったラジオのナビゲーターを務めさせてもらえた。
   写真を撮る人間としての自分を、信じてくれた人たちがいた。
   家族がまた増えていった。一番の親友に出会えた。

   年を越せることが、"当たり前"でないことを噛みしめながら。

   感謝したい一人一人をここに書かせて頂きたかったけれど、
   書ききれないことに気づいた。

   お世話になったすべての皆様、ありがとうございました。

   家族である****** *********のメンバー、
   師であり、兄である****氏、
   共に闘い、共に生きることができる***、
   母と妹、本当にありがとう。




この人は いい表情を している

この人は いい声を している


この人も 笑顔が素手紀菜  声が素手希菜  アルカイックスマイルの人

この人の中に あの人は 生きている

この人は あの人の 意思を受け継いでくれる人だ



悲しいければ悲しいほど 燃え上がってくるものがある
苦しければ苦しいほど  燃え上がってくるものがある


心の底から 燃え上がってくるものがある


何者によっても 押さえることが できない
心の底から 燃え上がってくるものがある


そういうエネルギーを持った人が 成し遂げた 仕事は すばらしい


時代を超えて 届き続ける メッセージを 内包している 
時代を超えて 贈り続けられる メッセージを 発光している 




この人を 密かに 応援したい



この人のことを 教えてくれた アルカイックスマイルの ふたりに 感謝 。。






BGMは 

最近見つけた この少女の この歌

この少女の この歌が 頭から離れない

激しく心が 揺さぶられた

とても 受け止めきれない 大量な メッセージが 

心の中に あふれ出した

足元を見たら 大量の メッセージで ぬれていた

激しく心を かき乱した この歌を 何回も聴いた


何回も 何回も 聴いた


この歌と この歌を歌っている この少女について

語り出すと 話が 止まりそうにないので

また いつか ね 。。。



P5160067.jpg



本当に お空を吹く風は 知っているのでしょうか 。。

風に 丸投げで いいんだろうか 。。
本当は 答えは 自分の中にあるのに 。。
それを見ようとする 勇気がない だけなんだろうか 。。
でも 風に吹かれる方が 本当は 勇気がいる のだろうか 。。

でも 本当なんか どこにも ないから 。。
風に吹かれていれば いいのだろうか 。。

足元をぬらした メッセージが 乾く日は 来るのだろうか 。。。。。

 






















































カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア