「舞 バニー」 の つづき2

  
2014年1月14日 このブログに

「言葉や文章に込められたメッセージの 重層構造」

という文章を書いた



   コメ美さん

     バニー じゃあなくて  ボニー だわよ

     耳 悪いんじゃないの

     どうして バニー と 聴こえるのかなあ

     頭も おかしいのか



   コメ代さん

     バニー なんて 

     なんか 変なこと 考えているんじゃぁ ないの

     ああー いやらしいー  最低 !!




なんで バニーが いやらしいーのかね

そういえば バニーの人は 今年100歳になるんだね

88歳 76歳 64歳 52歳 40歳 28歳

16歳 4歳 -8歳 -20歳 。。。。。。。。。。。。。。

まだ見ぬ バニーに 会いたい



この人の このCD 最初から 聴いていると

どうしても この曲のところで 菜深雫 が でるんだな

なぜだか 毎回でるんだ


ひたすら 真っ直ぐに 真っ直ぐに

どこまでも どもまでも どもまでも

ひたむきに ひたすら どこまでも 真っ直ぐに

歌う この人


この国の 若い人には

こういう 歌い方のできる人は いない

こんな 純粋な 歌い方のできる人は いない


ヘッドホンで 聴いていると

この人の息づかいが 聴こえるんだ


その 息づかいが 涙を誘う原因だと

何回も 聴いていて 気づいた

息をしながら 一生懸命 私のために 歌ってくれている


もし 息が入らないように 歌ったり

もし 息が入らないように 加工して録音したら


この歌は おそらく 死んでしまっただろう


「息」 という字は 「自」 と 「心」 という字から できている

「息」 は その人の心 だ   その人 そのもの なのだ


息を切らせ ながら

ひたすら 真っ直ぐに 真っ直ぐに

どこまでも どもまでも どもまでも

ひたむきに ひたすら どこまでも 真っ直ぐに

歌ってくれるから 伝わってくる

この人が 伝わってくる

この人の 素直さ が伝わってくる


息をしているということは 生きているという証だ

その息吹が 伝わってくるから

菜深雫が でるのだろう


この人の 息吹の聴こえる

この歌は とても 愛くるしい歌である



この歌は 私の 舞バニーの歌 なのだ



息を切らせ ながら

ひたすら 真っ直ぐに 真っ直ぐに

どこまでも どもまでも どもまでも

ひたむきに ひたすら どこまでも 真っ直ぐに

歌ってくれる この人



この人の 素直さが伝わってくる

この人は とても 愛くるしい人である





追記


大人の女性に 「愛くるしい」 などという 表現を使うことには

抵抗がある

相手の方に 失礼でもある 不愉快な思いをさせるかもしれない

それでも

しかし それ以外の いい言葉が どうしても 思い浮かばないのである




海を渡ってやってきた 羽根の生えた バニー

空を舞う バニー

かわいく  愛くるしく  愛おしい    空に 舞う  舞バニー


髪かんざし2




2014年1月14日 このブログに

「言葉や文章に込められたメッセージの 重層構造」

という文章を書いた

http://mqjqr50v2c3wrn1fzdzp.blog112.fc2.com/blog-entry-119.html




2013年11月24日 このブログに

「私の 一番大切な人」

という文章を書いた

http://mqjqr50v2c3wrn1fzdzp.blog112.fc2.com/blog-entry-96.html





























カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア