あの人を偲んで その9  ~ 優しいから 強い あの人たちへ ~

   
7月2日 いつもよく行く公園に行った。

管理棟のロビーに 七夕飾りがあった。

短冊とマジックが置いてあった。

黄色い短冊を選び 黒のマジックで 願い事を書いた。

七夕飾りに願い事を書くのは生まれて初めての経験である。

そんなものを 書くなんて 私も 堕落したもんだ。  

流星ひとつ 。。。。。

母は 水色の短冊を選び たどたどしい ひらがなで

「あしのいたいのなおりますように」 と 書いた。




P7020032.jpg






以下は 2013年11月14日 に 書いた文章
……………………………………………………………………………………………………………
  
『言葉の心は 父心 話せば命の泉湧く』


これって どこかで聞いた有名な格言??だったよね。

何の格言だったかね。

  コメ爺さん
    これは かの有名な健康法師の言葉じゃよ。
    彼は 母親思いで いつも 指で母親の痛いところを
    押さえてあげていたんだそうだ。
    そうすると母親の痛みが和らいだんだそうだ。
    そうして 指圧の技を磨いたんだそうだ。
    母心は 大切なんじゃね。


あの人は ひょっとしたら 父心の人かもしれないね。
毎日送られた手紙に答えようとして

今では
 『言葉の心は 父心 話せば命の泉湧く』

を 実践しているのかもしれないね。

今が 一番 幸せを 感じているんだろうね。

いろいろな人と 毎日 接して 
言葉の父心を伝えているんだろうね。

いつも 心の片隅に お父さんが いるんだろうね。

また 同時に 話し相手の ことの葉に
お父さんの においを 感じているのかもしれないね。

飛っ顧味慈庵の人らしいね。 


『指圧の心は母心 押せば命の泉湧く』

"あっはっはっ" と 豪快に笑う人だったね。

指圧の創始者だったんだね。

お母さん思いだったんだね。

「瞳は心の窓」 「歌声も心の窓」 「手も心の窓」

そして「言葉も心の窓」

心を表すものは いろいろあるね。
心を伝える手段・方法もいろいろあるね。

『人生 いろいろ』 『こころ いろいろ』 だね。

徳さんは あの モンローさんの体にふれた唯一の日本人だったんだね。


信さんは だれの 心に触れたんだろう。

きっと 数え切れないほどあるんだろうね。


あの人が歌った曲は 1500曲とも2000曲ともいわれ、本人しか
知らない曲もあるそうで、数えるのは不可能だそうだ。

歌った回数にすれば 何回になるんだろう。
何十万回 いや 何百万回にもなるんだろうね。

歌うことで たくさんの人を 励まし 幸せにしてきたんだろうね。
75歳なんて まだ 若すぎるよね。

降雪さんと作った 新曲は 発売になるんだろうか。
それでも 聴いたら 泣いちゃうだろうけど。。。。。。。。。。。


あの人には 100歳になっても おねえさんで居続け

                歌を 喜びを 届け続けてほしいな。

その頃には

   サンタクロースは おじいちゃんかもしれないけどね。。。
   サンタクロースは おばあちゃんかもしれないけどね。。。

やっぱり いつになっても サンタクロースは おねえさんだよね。。。


あの人には 100歳になっても 言葉の花咲爺さんで居続け
    
                言葉をまき散らし続けてほしいね。


24時を過ぎることもあるけれど 翌朝までには更新して
連続投稿を守っているけれど

がんばらない といっておきながら 公約違反だよ。
無理をしちゃいけないよ。

フーテンの信さん 早死にしたら みんな が 悲しむよ。

といっても 頑固だから おそらく

           1年間は連続投稿を続ける気だろうけど。。。


誰か 連続阻止の 迷案 を 考えてみませんか。 うふっ。



優しいから 強い あの人たちへ  **の気持ちを込めて




追記

13日は *******の岸壁からながめた海には 楽しい景色が見えました。
ありがとう。。。


この文章の BGMは あの人がカバーした。

「すきま風」 と いう歌にしました。

この人の歌は どの歌にも 優しさがこもった歌だということに 最近 気づいた。

この人は 歌う前に 部屋を暗くして イメージを高めてから 歌うそうだ。



優しかった この人は 幼い5歳の頃?から けなげに
多くの人びとに 気を使い続けてきた。

その頃の初舞台で 自分で考えた?振りで 身振り手振り踊ったのが
私が尊敬していたあの人の 「この世の花」 だった というのは。。。何とも。。。。。。。。

優しいから 強かった この人も

やさしさを 届けるために 長い年月にわたって 多くの人に 気を使いすぎた
ゆえに。。。。。。。 
この人は エネルギーを 使い果たしてしまったのかもしれないですね。。。。。。






PB080120.jpg

決して 足でボールを蹴ったりなんてしない 優しいなでしこさん。。。。








……………………………………………………………………………………………………………
以上 以前のブログに 2013年11月14日 に 書いた文章








関連リンク


 あの人を偲んで その1
   
    新宿の女 ~ 私の心の整理のための下書き ~
                         (2013年9月21日)

 あの人を偲んで その2
 
    川は流れる ~ なっちゃんとあの人に こころよせて ~
                         (2013年10月4日)

 あの人を偲んで その3
 
    第三印象を知ろうとする営みは やさしい思いやりのこころ
                        (2013年10月12日)

 あの人を偲んで その4

    あの人の 出世街道の 一ぽんどっこ
                        (2013年10月18日)

 あの人を偲んで その5

    1月22日の トマッター  ~ あの人の 形見?のCD ~
                        (2014年1月24日)

    ~ 結婚するのか 。。。 ~
                        (2014年2月13日)

 あの人を偲んで その6

    ~ 少年時代に届けられた言葉は眠り続ける ~
                        (2014年3月22日)

  あの人を偲んで その7

    ~ 岸壁の母に 涙 ~
                        (2014年4月4日)

  あの人を偲んで その8

    ~ 胸のポケットに入って参加したのか ~
                        (2014年6月4日)

  あの人を偲んで その9

    ~ 優しいから 強い あの人たちへ ~
                        (2014年7月12日)

  あの人を偲んで その10

    8月22日 あの人を偲んで ~ going home ~
                        (2014年8月22日)

  あの人を偲んで その11

    あの人が 歌った 『雪国』
                        (2014年12月13日)

  あの人を偲んで その12

    ロックンロール **子 さん
                        (2014年12月30日)

  あの人を偲んで その13

    あの人を偲んで その13  心の熱なる 歌 歌詞 メロディー
                        (2015年1月14日)

  あの人を偲んで その14

    あの人を偲んで その14  父は、白い骨になりました。
                        (2015年1月31日)

  あの人を偲んで その15

    あの人を偲んで その15  私の大切な ふたりの 『嵐の女神』
                        (2015年2月28日)























カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア