花いちもんめ

   
「銅いちもんめ」

という 時代劇  いいよね 

火傷を隠すための 襟巻き ?・・・

が いいよね この人の 表情がいいよね

笑顔で 悲しみが 表現できる人

地元に帰って しっかり 地に足がついた演技が 銀色に光っているね 

この人を 不思議三姉妹の 四女に 加えた

題名 間違えたか ?・・・・

「銅一問目」 「同一匁」 でもなかったな 

と 思っていたら あの人のブログに

その時代劇について こころ寄せる 文章が掲載された

その作者の 名前に あの人と 同じ 漢字 「*」 を見つけた。

この人 あの 不思議三姉妹の 三女が 出演した

女料理人 の あのテレビドラマの 作者でも あったのか

この時代劇の 続編が制作中 だと あの人はブログで
いっていたな

この題名 「零づくし」 だったかな ?・・・・

違うな 。。   感じ難しすぎて 書けないし。 読めないな。



あのスキー選手には 「金」 は 似合わない

あのスキー選手の 「銀色」 に輝く 「笑顔」 が すてきだった

もうひとり いたな やはり 「銀色」 に 悲しそうだった

あのスキー選手 も 切なかったな 

でも まだ若いから さらさら 気にすることは ないよ

明日があるからいいよ ね ♯

さらに もうひとりいたな 「金」 でも 「銀」 でも 「銅」 でも

なかった 無冠の あのスケート選手 も 切なかった

まじめすぎる人には メダルは 似合わない 

あの人は 今後も こころは 「銀色」 に輝く人で あり続けることだろう

「五輪の豚」 は 苦手なので 実況は 見ないし
いつも 悪口しか 書かないけれど

この人たちは
ニュースや 事後の ドキュメントなどで知った すてきな人たち だ。



アフリカの 人さらいに 連れ去られた あの少女たちは
無事に 親の元に 帰れるんだろうか 。。。。。

真白き富士の嶺 に 沈んだ ボートのように
お隣の国の 現代の 大型船 の悲劇も 痛ましい ね
「対馬丸」 の あの事件も 思い出してしまった 。。。。。。

レンコン様 の 存在感 も すごいよね
「咳と痰 の悲劇」
なにかの トリックなのだろうか ?・・・・

右手の小高い丘に咲く ゆりの花子さんも がんばってね 




♭ こころで すきとさけんでも
♭ おもわぬひとの いうまま きまま

♭は♭

いつの時代も 人の世の常 。。 か 。。。。。。



「花いちもんめ」 この歌は 子供の遊び歌 ?・・・・ だけれど
本当は 「人買いの唄」 なんだよね 。。。。





1センチ 足らずの 小さな花 。。  近寄ってみると 美しい花 「ちごゆり」


P5140108.jpg

私は こういう 目立たず 人知れず ひっそりと咲いている 花が好きだ。 





































カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア