介護予防メソッド  ~ きょうそう法 ~

 
以前 書き留めたメモを見ていて この人 の ことを思い出した

たまねぎおじさんが やろうとしていること と 似ている  。。  なぁ~
と 思っていたのに

この人のことを 書くのを忘れていた

若いころ どうしても 人間が好きになれなかった この人

だから 人と関わらない *大の工学部に 進んだこの人

おばあちゃんとの関わりで 気づいたこと が きっかっけ ? で
追い求めた その先に たどり着いた 介護予防メソッド

『きょうそう法』

人間が 認知症にならないためには やはり 「競争」 が 必要
「生存競争」 が 大切 なんだ 。。。  せつないね 。。

じゃあなくて  この 「競争」 では ない  。。

この人が いうのは この 『共想』 なのだ  。。

共に思う 友を想う

この人が たどり着いたのは 『共想法』 なのだ。

認知症が 進んだ おばあちゃん
会話も ままならなくなっていた おばあちゃん 
孫のことも 認識できなくなっていた おばあちゃん

ある日 写真を見せた時 多くのことを 語ったそうだ

そして気づいた 写真には 呼び覚ます。 呼び起こす。
ことがある 。。 そんな力 がある 。。

それ以後 専門とは違う ?
写真を 使って 会話することによって 認知症を 改善する方法
介護予防メソッドの研究を進めてきたそうだ 。。


人見知り 瞳知り ふと 見知り
引っ込み思案 引っ込み慈庵 の たまねぎおじさん

この人は 人間嫌い? だった たまねぎ おねえさん

今は のびのび のぶのぶ おじさん いや おにいさん
今は ほのぼの みほみほ あばさん いや おねえさん


「共想」 する 「共存」 する

   種まきをする 「たねまき びと」 『たまねぎ びと』


この人 ほのぼの ぼのちゃんは こんなことを 語っていた


  「答えは色々な所に眠っている 気づかないだけ」
  「年を取るのが 怖くない社会」 を つくりたい 。。。









病花2

病花 に やさしく 寄り添う花 。。。  この花は 誰なのか 。。。。。






































カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

日『以』本のどこかのだれか『以』

Author:日『以』本のどこかのだれか『以』

フリーエリア